G-Shock代わりのスマートウォッチ。Amazfit T-Rex と T-Rex Pro

outside Apple

こんにちは、CDDYです。シンガポールで妻と娘と暮らしています。

好きなガジェット、モバイル、料理、子育て、海外生活情報などを発信しています。

box

今日は私の愛用しているスマートウォッチ、Amazfit T-Rexについてご紹介。

スマートウォッチを使っていて、以下のような経験はありませんか?

  • 電池切れ、充電のために睡眠記録が時々抜けてしまう
  • 防水とはいえ、お風呂やプールでは破損水没が怖くて使わない
  • 落としたりぶつけたりしない様に慎重になってしまう

このAmazfit T-Rexでそれらのストレスから開放されます。

全体的にアップルウォッチとの比較箇所多めで説明していきます。

(ついこの間3月24日にT-Rex Proが発表されました。違いについても下記で触れています)

G-Shock代わりに使えるスマートウォッチ

私は昔からG-Shockを愛用していて、海でも山でも仕事でもどこでもずっと使えていつでも時間を確認できる安心感がとても好きです。

健康管理の為にアップルウォッチを購入してからはスマートウォッチメインになってしまいましたが、”時計”としての機能性はやっぱりG-Shockがダントツだと思っています。

それがついに見つけてしまいました。このAmazfit T-Rex。

G-Shock代わりに使えるスマートウォッチ!

半年ちょっと、毎日使っていて、大満足なのでご紹介したいと思います。

Amazfitとは

Xiaomi傘下のHuamiのブランドです。

さすがXiaomi。安価で高品質、素晴らしい製品が多数あります。

以前紹介したバッテリー持ち最強のAmazfit Bipと同じ会社です。

参考リンク:AppleWatch3からAmazfitBipへ切り替えた。

Amazfit Bipは本当に素晴らしいスマートウォッチでしたが、私の不注意で硬い大理石の床に落としてしまい、ご臨終となってしまいました。

外観

実際の半年使った実物の画像です。

左は待ち受け画面点灯時、右はエクササイズ時の表示。

本体は軽くて見た目もG-Shockぽい(笑)

画面は大きく1.3インチでAMOLEDで外での視認性も良いです。

明るさも自動調整機能付きなので手間要らず。

それでは続いてメリット!

 

Amazfit T-Rexのメリットトップ3!

基本的なスマートウォッチの機能も備えていますが、おすすめポイントは以下の3つだと思っています。

アップルウォッチで感じていたデメリットの多くが解消されて、ストレスフリーになれます。

参考リンク:Apple watchを使っていて困るところ

最強の防御力。

軍隊仕様のスペックで、ハードな環境にとても強いです。

  • 耐水!
  • 耐衝撃!
  • 70度〜−20度まで対応!

耐水性は5ATMでプールでも海でもお風呂でもどこでも使えます。

また、耐衝撃性にも優れていて、落としてもぶつけてもへっちゃら。

高温でも低温でもしっかり動くので、お風呂やサウナでもOK!

これはまさにスマートウォッチ界のG-Shock!

丈夫なゴリラガラスを採用しているだけでなく、素材も樹脂製で塗装が禿げるようなこともなく本当にストレスなく使えます。

脅威のバッテリー持ち。高速充電。

バッテリーの持ちはスマートウォッチにとって非常に重要です。

例えば睡眠トラッカーはスマートウォッチのメインの機能ですが、そのためには寝ている時も身につけていないといけません。

バッテリー長持ち=充電の頻度が少なくすみ、充電速度は早いものが便利です。

T-Rexは仕様では20日のバッテリーライフとなっていますが、実際に毎日睡眠トラッカーや心拍数計測を使っても2週間以上持ちます。(アップルは18時間。最新のApple watch6でも18時間)

ジョギングやウォーキングなどGPSをよく使うと消費は激しくなりますが、GPSを使わなければ20日以上持つかもしれません。

アップルウォッチは独自の機能モリモリでものすごく便利ですが、その対価としてほぼ毎日充電する必要があります。

アップルウォッチを使っていた時は、毎日の生活の中で1−2時間充電のタイミングを見つけないといけないのは私にはとても苦痛でした。充電器も複数用意しないといけないほど。(しかも高い)

Amazfit T-Rexなら電池の残量確認自体を忘れてしまうほどストレスフリー。

T充電時間も短く、0%からでも2時間もあればフル充電になります。

専用の充電器ですが、使用頻度があまりに少ないので複数用意する必要もありません。

安い。

お値段は安価モデルのアップルウォッチSEの約半額以下。日本だと15,000円程。

海外から購入だとUSD109.99、12000円くらい。AliExpressが安いみたい。

Ali

アップルウォッチは1番安いモデルでも3万円もして、かつ修理も出来ません。。。

T-Rexなら取り回しに気を遣わずにすむし、万一壊れた際も安価なので心へのダメージも少なく済みます。

 

もちろんマートウォッチとしての基本的な機能も搭載

  • 振動で通知
  • スマホからの通話やLine通知など
  • タイマー
  • 音楽の操作
  • エクササイズ
  • 心拍数と歩数計
  • 睡眠トラッカー
  • 座り過ぎアラーム

GPSの精度も良く、実際にウォーキングしても、しっかりとトレース出来ています。

目覚ましとして振動で起こしてくれるのはやっぱり便利。

特に子供が小さい場合など、目覚ましも音無しで使えるのは素晴らしい。

参考リンク:朝起きれない人にはApple Watchがおすすめ。

以下は公式サイトの機能抜粋

TECHNICAL SPECS

  • Display size: 1.3”AMOLED, Resolution 360 x 360
  • Dimensions: 47.7 X 47.7 X 13.5 mm
  • Type: Corning Gorilla Glass 3 + anti-fingerprint coating
  • Weight: 58g (with strap)
  • Connection: Bluetooth 5.0/BLE
  • Battery life: 20 days regular use / 66 days basic use
  • Water resistance: 5 ATM certified, equivalent to about 80 PSI, 164 feet or 50 meters water depth.
  • GPS + GLONASS
  • Sensors: BioTrackerTM PPG Bio-Tracking Optical Sensor, 3-axis acceleration sensor, Geomagnetic sensor, Ambient light sensor

 

その他の便利機能やメリット

AOD (always on display)もついていて、常時画面が点灯できるので便利。

その代わりバッテリーの持ちが悪くなることと、待ち受け画面が以下の2つしか選べません。

私は結局AOD無しの通常表示で使っています。

ボタンが4つ、水中での操作やグローブをしていても操作可能。

通常のスマートウォッチは画面タッチ操作前提でデザインされていますが、濡れた手だったりグローブをしていたりすると操作が難しく、水中ではそもそも操作が出来ませんでした

Amazfit T-Rex は4つの物理ボタンがついていて、画面タッチ・物理ボタン両方で全ての操作ができる設計になっているので、いつでもどこでも安心して操作が出来ます。

ベルトは非公式ながら交換できる

標準でついているベルトはシリコン製で良くいえば軽くてつけ心地も良く伸び縮みもします。

悪くいえば少し安っぽいです。

私はLazadaで安いメタルのバンドを購入して自分で交換しました。

確か10ドルちょっと(1000円くらい)でドライバもついていて簡単に交換できました。

band henkou

アプリ

iPhoneで使う場合は、Zeppというアプリのインストールが必要になります。

購入して初期設定時にQRコードを読み取ってアプリをインストールします。

操作もわかりやすく、良いアプリです。

Watch Faceも30種類プリインストールされていて、好きなものを選ぶことが出来ます。

Zepp

もしお気に入りが見つからない場合は、AmazFacesというアプリを使って変更も可能です。

AmazFaces app | AmazFit, Zepp, Xiaomi, Haylou, Honor, Huawei Watch faces catalog
Join the thousands and get access to 50 000+ amazing watchfaces!

ここは公式ではない物凄い数のWatchFaceがあるので私もここから見つけたWatch Faceを使っています。AmazFaces

 

Amazfit T-Rex Pro!が登場!でもちょっと微妙。

 

Pro

Amazfit T-Rexの新モデル(上位モデル)が今月2021年3月24日に発表されました!

基本性能はほぼそのままに、オキシパルスメーターが搭載されています。

それ以外の大きな変更点としては、ただでさえ最強なのに防水性能など耐久性がさらに向上、GPS精度の向上などです。

その代わりバッテリーの持ちは2日減って20日>18日へ

お値段もProになって約US70ドル増加しているので、上記のメリットの1つ、コスパを考えると悩みどころ。

オキシパルスメーターが欲しい人は購入もありだと思いますが、そうでなければ旧モデルが安くてバッテリーの持ちも良いので無難だと思います。

慌ててProを購入せずにしっかりと自分にとって何が重要か考えてからの購入をおすすめします。

私は買い換える予定はありません。

まとめ

抜群の耐久性、長時間バッテリー、安価という、アップルウォッチにはない安心感のあるAmazfit T-Rex。

市場には耐久性のあるスマートウォッチは他にもいくつかありますが、私が購入した半年前も、今日時点(2021年3月末)でもコスパ最強はT-Rexだというのが私の結論です。

日々の生活を便利にしてくれるガジェット、できるだけストレスなく使いたいですよね。

ただ最新のスペックを追うのではなく、自分にとってのプライオリティをしっかり考えて、自分にとってのベストな商品を選んで行くと、日々の生活はもっと便利になります。

もし今回のレビューが参考になれば嬉しいです。

 

おまけ

ちなみに、スマートウォッチの情報収集には、この方のYoutubeがおすすめです。

Apple watch以外の製品のレビューが豊富です。

daichi review

Daichi Review
スマートウォッチの開封&レビューやってます!シャオミ信者。中華ガジェット大好き。 【このチャンネルの目的】 最高のスマートウォッチ探しをお手伝いすること。 Helping You Find Your Best Smartwatch 【信念】 正直であること 製品の強みだけでなく弱みも含めて思ったこと、感じたことすべ...

daichi

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました